FXトレードをしていると、自分は上からトレードを見張られているのではないかと思う時ってありませんか?
例えばポジションを掴んだらすぐに逆方向に変動したり、マイナスが拡大したので損切りすると途端に反転して持っていたポジションを持っていれば利益になっていたりして後悔する事など恐らく誰しもあるかと思います。

もしかしたら天から自分のトレードを見張られていて意地悪されているのではと思うことがあるかも知れません。これは初心者だけではなく実績のあるトレーダーにもよくある事なのです。
実はこれはFXトレーダーに陥りやすい一種のスランプ状態なのです。
FXは円高か円安かの二択なので簡単だと思われるでしょう。しかしそれがFXの罠なのです。

為替の変動は時に予想だにしない動きをしてきます。
トレードが上手くいかない時に損失を取り返そうと熱くなると却って墓穴を掘る事になるのです。
このような時に対策としておきたいのがマイルールを設定することです。
例えば利益が5pip乗ったら利確するとか、損切りを徹底させるとか、ポジションを持つのは一日三回までに決めておくとかそのようなマイルールを定めておくと上手くいかなくとも諦めがついてまた新たな気持ちで次に切り替えることができるのです。
そう熱くならずに自分のルールを厳守する事で好転する事に繋がりますよ。

私はFXをするにあたって法人のFX業者をオススメしたいです。
なぜなら、個人投資家ようのFXだとレバレッジが25倍までと規制があるからです。
FXの最大の魅力はレバレッジにあると思うので、肩身の狭い個人口座FXではなく法人口座にするべきです。
レバレッジが高い分、少額からの取引が可能になります。
またリスクが多少高くなりますが、その分ハイリターンが期待出来ます。

法人口座がある業者を選ぶポイントというのは、基本的には個人口座を選ぶのと同じです。
スプレッド、最大レバレッジ、約定力の3つをよく確認しておきましょう。
一般的に人気のある業者や投資目的に合致したサービスが強い業者もいいですね。
参考:FX法人口座のおすすめランキング※ハイレバレッジ取引が魅力

ここ数年、FXの取引はパソコンのほかにスマートフォンのアプリで行える会社が増えました。
アプリのダウンロード、入出金も簡単に行うことができます。
便利にはなりましたが、アプリの特性上、まだパソコンと同等のスペックで
取引を行うのは現状のところ、壁が高いです。

大きな特徴として、アプリでのチャート画面を見るとき、使えるインジケーターの数が限られます。
移動平均線やボリンジャーバンドなどのメジャーなインジケーターは入っていますが、まだ全てのインジケーターを表示させることはできません。
当然ながら、自作のインジケーターやテンプレートも入れることはできません。
どうしても外出先で見たいのであれば「チームビューワー」というソフトをパソコンとスマートフォンの双方にダウンロードして、外出先から家のパソコンを操作するという方法もあります。

時が経つにつれていろんな方法が開発されていくでしょう。今よりももっと便利になっていくと思います。ますます快適なFXライフを過ごせたら良いですね。