相対取引のFX取引は消滅するのか

FX取引は相対取引(いわゆる店頭取引)と取引所取引にわかれていますが、以前は圧倒的に取引相手がFX業者自体である相対取引でした。
しかし、税金や手数料やスワップポイントなどの改正や変更などが繰り返しされたこともあり、東京金融取引所が取引主体となっている取引所取引がふえる一方となっています。

相対取引ではFX業者によって手数料などのコストがばらばらであったものが取引所取引では一定になっていますし、FX業者が倒産などをした時も証拠金など保全はしっかりとしているなどから取引所取引が主流となりつつあります。
特に取引所取引が不利であった取引コストの高さがほぼ解消されていることなどからこれからも取引所取引が増えて相対取引は少なくなっていくと考えた方がいいでしょう。

いつ頃になるかはよくわかりませんし、状況によってどうなるかもわかりませんが、相対取引をするようなFX業者はなくなってくると考えた方が合理的です。