一般的にFXというと、日本では円と米ドルの通貨ペアが一番多いでしょう。
確かに円もドルも世界的通貨です。ですから日本人投資家なら、当然、日頃から馴染みのある円とドルの通貨ペアこそが一番人気であって当然でしょう。

しかし、外国為替市場には様々な通貨ペアがあります。たとえばユーロやポンド、それに近年、存在感を高めている人民元などもあります。
また、アジアやアフリカの新興国通貨なども、個性的で魅力があります。
確かに通貨ペアの多くは、初心者には馴染みが薄いことも多いことでしょう。
しかし、せっかく数多くの通貨ペアがあるのですから、FXに慣れてきたら、様々な通貨ペアも検討すべきでしょう。そのほうが投資の幅が拡がります。

ただ、初心者がいきなり見知らぬ通貨を扱うのは賢明ではありません。
ある程度キャリアを積んでFX投資に慣れてから、色々な通貨ペアにチャレンジすべきではないでしょうか。
もちろん、その国と通貨の特徴も事前に勉強すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です